catch1

 

職種に因る生命保険料

生命保険に入る際には告知書に自署が必要ですよね。
そこに職種について書いた事を、あなたは覚えていますか?
健康だけでなく職業も問われるのは、どうしてでしょうか?

 

やはり公平性を保つために、
生命保険会社は職種に因る生命保険料の差別化もしています。
危険選択」といい、リスクの高い被保険者を出来るだけ排除します。
酷い考え方に聞こえますが、健全運営には欠かせないリスク管理です。

 

リスクが高い職業と言えば色々有りますよね。
身近な例だと、タクシーやトラックの運転手・とび職等が有ります。
遠い例だと、サーカスの団員・プロ運動選手・競馬騎手等が有ります。
こういう方々は大体、割増保険料か、死亡保険金額限度設定と為ります。

 

または、保険給付金額に上限が設けられます。
とび職や大工業はこの上限が、入院給付日額に設けられたりしています。
こういった場合は保険会社を分散させて下さい。

 

なお、保険契約中にこういった仕事に転職した場合ですが、
生命保険は基本的に報告する必要は有りません。
(損害保険は報告する義務が有る場合も有ります。)

 

でも例えば、
生命保険契約時に「営業職からトラックの運転手への転職」が内定していて、
その事を保険会社側に伝えていない場合は、告知義務違反と見なされます。

 

職業についても既往歴と同様に正直に告知して下さい。
たとえ危険な職業を告知しても、加入出来ない訳ではありませんから。



 

 


保険

 

「自分に合った保険はどれなのかわからない」

「結局、どこの保険会社が一番いいの?」

と、よく聞かれますが、その場合私は一度プロに相談

乗ってもらうことをオススメします。


と言っても、各保険会社の営業マンに話を聞いてもダメです。

あなたに合っていようが、いまいが、自社の商品を勧められてしまいます。

 


そこで、私が薦めているのが、保険のビュッフェなどの

保険相談サービスの利用です。


保険相談サービスのよいところは、特定の保険会社に属していませんので、

保険


などの特徴があります。


つまり、純粋にあなた自身の立場に立って、アドバイスがしてくれるわけです。


各保険会社の営業マンの場合、あなたと利害関係が異なるので、

場合によっては、あなたに一番合う保険以外を薦められる恐れもあります。

そのせいか、今ではこうした保険相談サービスがかなり利用されるようになり、

いくつもの会社ができています。

 


実績も豊富で、無料で相談できますので、正直利用しないと損です

なお、もしアドバイザーに相談するなら、必ず複数の会社に依頼をしましょう。


「中立の人に相談に乗ってもらうなら1社で十分じゃないの?」と思うかもしれませんが、

保険のプランには世の中には数多くあり、そのアドバイザーの価値観、考え方によって、

薦められる保険が違ってくることがあります。


ある会社のアドバイザーは「A」という保険プラン、

違う会社のアドバイザーは「B」という保険プランを紹介してくることもあるわけです。


また、可能性は低いですが、そのアドバイザーが特定の保険会社と懇意している場合、

その保険会社のプランを薦めてくることもないとは言えません。

そういったリスクを踏まえて、複数の会社に依頼をすることはとても大切です。


正直、保険の相談って、結構面倒くさいので、それを何回も行うのは大変ですが、

それで、よりお得なプラン、より自分に合ったプランが見つけられるなら、全然いいと思いませんか?


保険は人生設計において、とても重要なものですので、ここは横着をするべきではないです。

 


私としては、最低でも2社、できれば3社くらいに依頼し、

相談に乗ってもらうことを薦めています。

2社だと、意見が割れたとき困りますからね。
(もし面倒でやっぱり1社だけでいいという人は、口コミ人気も高い保険のビュッフェがオススメです)

 

【人気が高い無料保険相談サービス会社】

◎『保険マンモス』 − 保険専門のFPが提案! 現在、1番人気のサービスです。(管理人推奨)

 

◎『保険市場』国内最大級の保険見直しサイト 随時人気保険ランキングを更新

 

◎『LIFULL保険相談』来店型ショップで店舗数も全国1100個所突破!

※来店型ショップは相談員が自宅に来るのではなく、あなたが店舗に来店するタイプ

 


※相談員が自宅に来られるのが嫌な場合は、来店型の「LIFULL保険相談」を利用したり、ビュッフェなどの訪問型でもファミレス、カラオケボックス等で待ち合わせたりしましょう。

 

職種に因る生命保険料関連ページ

加入年齢に因る生命保険料
既往歴に因る生命保険料