catch1

 

終身か満期か

死亡保障の保険期間が、終身のもの・満期迄のものについて、お話します。
それぞれのタイプの特徴は、把握していますか?
今のあなたには、どちらが最適でしょうか。

 

終身保険は、保障は一生涯ですが、保険料払込み期間が有る場合も有ります。
現役時代に頑張って保険料を払っておけば、
高齢に為ってまで払わなくても、一生涯の保障を持てますね。

平均寿命が伸び続ける昨今、この安心感は最大のメリットですよね。

もし保険料払込み60歳満了なら、老後の生活はかなり負担減です。
100〜300万の保険金で結構です。
人の死ぬ割合は80歳以降が高いので、せいぜい配偶者に残す分が有れば。

扶養家族がいらっしゃらない方は、低額の終身保険をお勧めします。

保険料負担の低い老後の生活を送られる可能性が、有ります。

定期保険
は、その都度その都度の死亡保障を用意できます。
最近は1年満期も有る程、ライフステージに自由に対応します。
お子様が独立するまで手厚くし、それ以降は必要最小限にするなど。

掛け捨てなので、途中解約の損の心配は有りません。

純粋な家計の必要経費として、シンプルに捉えてOKです。
また、定期死亡保険は、医療保険よりも健康診査はゆるいので、
そのことも自由に加入解約出来る理由です。

でも、定期保険に入っている限りは、保険料支払いが継続します。

終身保険の払込み満了後のような老後生活を送りたい方は、注意して下さい。
なるべくなら一括で払ってしまうのをお勧めします。

それでも、最近の死亡保障と言えば、このタイプが主流です。

月々の負担が終身保険より小さくて、大きな保障を一挙に得られます。
扶養家族がいらっしゃるなら、やはり定期保険をお勧めします。



 

 


保険

 

「自分に合った保険はどれなのかわからない」

「結局、どこの保険会社が一番いいの?」

と、よく聞かれますが、その場合私は一度プロに相談

乗ってもらうことをオススメします。


と言っても、各保険会社の営業マンに話を聞いてもダメです。

あなたに合っていようが、いまいが、自社の商品を勧められてしまいます。

 


そこで、私が薦めているのが、保険のビュッフェなどの

保険相談サービスの利用です。


保険相談サービスのよいところは、特定の保険会社に属していませんので、

保険


などの特徴があります。


つまり、純粋にあなた自身の立場に立って、アドバイスがしてくれるわけです。


各保険会社の営業マンの場合、あなたと利害関係が異なるので、

場合によっては、あなたに一番合う保険以外を薦められる恐れもあります。

そのせいか、今ではこうした保険相談サービスがかなり利用されるようになり、

いくつもの会社ができています。

 


実績も豊富で、無料で相談できますので、正直利用しないと損です

なお、もしアドバイザーに相談するなら、必ず複数の会社に依頼をしましょう。


「中立の人に相談に乗ってもらうなら1社で十分じゃないの?」と思うかもしれませんが、

保険のプランには世の中には数多くあり、そのアドバイザーの価値観、考え方によって、

薦められる保険が違ってくることがあります。


ある会社のアドバイザーは「A」という保険プラン、

違う会社のアドバイザーは「B」という保険プランを紹介してくることもあるわけです。


また、可能性は低いですが、そのアドバイザーが特定の保険会社と懇意している場合、

その保険会社のプランを薦めてくることもないとは言えません。

そういったリスクを踏まえて、複数の会社に依頼をすることはとても大切です。


正直、保険の相談って、結構面倒くさいので、それを何回も行うのは大変ですが、

それで、よりお得なプラン、より自分に合ったプランが見つけられるなら、全然いいと思いませんか?


保険は人生設計において、とても重要なものですので、ここは横着をするべきではないです。

 


私としては、最低でも2社、できれば3社くらいに依頼し、

相談に乗ってもらうことを薦めています。

2社だと、意見が割れたとき困りますからね。
(もし面倒でやっぱり1社だけでいいという人は、口コミ人気も高い保険のビュッフェがオススメです)

 

【人気が高い無料保険相談サービス会社】

◎『保険マンモス』 − 保険専門のFPが提案! 現在、1番人気のサービスです。(管理人推奨)

 

◎『保険市場』国内最大級の保険見直しサイト 随時人気保険ランキングを更新

 

◎『LIFULL保険相談』来店型ショップで店舗数も全国1100個所突破!

※来店型ショップは相談員が自宅に来るのではなく、あなたが店舗に来店するタイプ

 


※相談員が自宅に来られるのが嫌な場合は、来店型の「LIFULL保険相談」を利用したり、ビュッフェなどの訪問型でもファミレス、カラオケボックス等で待ち合わせたりしましょう。