catch1

 

40歳 自営業 男性の場合

同じく、40専業主婦の妻・10歳の子供が居る設定で考えます。
心配事は、万一の場合のお金の必要性と、現在定期型の医療保障です。
この男性の平均標準報酬額も40万円とします。

 

@子供が居るという事で、死亡保障は大きく必要になります。
また、会社員に比べて、万一の場合に不測の事態が起こりやすいです。
割安を求めるなら収入保障型の死亡保障ですが、
リスク管理として、定期型の掛け捨て死亡保険を選びます。

 

自分自身が亡くなった後、妻子2人の生活費は、約3割減と考えます。
遺族基礎年金の概算支給月額は、この場合8万円です。
40万円×70%−8万円=20万円
当面妻は就職しないと仮定すると、年間240円必要です。

 

この240万円は、子供が就職する22〜23歳まで掛かると仮定して、
妻が52,53歳までの死亡保険金額は総額約3,000万円です。
店舗等の諸経費を含めると、資金はもっと必要に為るかもしれません。
その為の貯蓄は別途確保していると仮定しての、死亡保険金額です。)

 

このタイプで現在保険料の安さで最も人気の、
ライフネット生命「かぞくへの保険」に加入すると、
10年更新で月々6,622円です。
病気・事故・災害で同じ3,000万円を受け取れます。

 

A医療保険は現在定期型に入っているのですが、終身保障に変えます。
このタイプで現在最も口コミ評価が高い、
朝日生命「スマイルメディカルネクスト」を選びます。
たとえ短期入院でも、自分が働けないと家計をかなり圧迫するので、
入院時の一時金の「医療費充当給付金」に、着目しました。

 

その分、入院日額は5,000円に抑えますが、
入院時の一時金は、最大の20万円にします。
とにかく入院時の一時金にこだわったので、手術給付金も外しました。
払込期間は、定年がないので終身にしました。

 

月々の保険料は、4,205円です。



 

 


保険

 

「自分に合った保険はどれなのかわからない」

「結局、どこの保険会社が一番いいの?」

と、よく聞かれますが、その場合私は一度プロに相談

乗ってもらうことをオススメします。


と言っても、各保険会社の営業マンに話を聞いてもダメです。

あなたに合っていようが、いまいが、自社の商品を勧められてしまいます。

 


そこで、私が薦めているのが、保険のビュッフェなどの

保険相談サービスの利用です。


保険相談サービスのよいところは、特定の保険会社に属していませんので、

保険


などの特徴があります。


つまり、純粋にあなた自身の立場に立って、アドバイスがしてくれるわけです。


各保険会社の営業マンの場合、あなたと利害関係が異なるので、

場合によっては、あなたに一番合う保険以外を薦められる恐れもあります。

そのせいか、今ではこうした保険相談サービスがかなり利用されるようになり、

いくつもの会社ができています。

 


実績も豊富で、無料で相談できますので、正直利用しないと損です

なお、もしアドバイザーに相談するなら、必ず複数の会社に依頼をしましょう。


「中立の人に相談に乗ってもらうなら1社で十分じゃないの?」と思うかもしれませんが、

保険のプランには世の中には数多くあり、そのアドバイザーの価値観、考え方によって、

薦められる保険が違ってくることがあります。


ある会社のアドバイザーは「A」という保険プラン、

違う会社のアドバイザーは「B」という保険プランを紹介してくることもあるわけです。


また、可能性は低いですが、そのアドバイザーが特定の保険会社と懇意している場合、

その保険会社のプランを薦めてくることもないとは言えません。

そういったリスクを踏まえて、複数の会社に依頼をすることはとても大切です。


正直、保険の相談って、結構面倒くさいので、それを何回も行うのは大変ですが、

それで、よりお得なプラン、より自分に合ったプランが見つけられるなら、全然いいと思いませんか?


保険は人生設計において、とても重要なものですので、ここは横着をするべきではないです。

 


私としては、最低でも2社、できれば3社くらいに依頼し、

相談に乗ってもらうことを薦めています。

2社だと、意見が割れたとき困りますからね。
(もし面倒でやっぱり1社だけでいいという人は、口コミ人気も高い保険のビュッフェがオススメです)

 

【人気が高い無料保険相談サービス会社】

◎『保険マンモス』 − 保険専門のFPが提案! 現在、1番人気のサービスです。(管理人推奨)

 

◎『保険市場』国内最大級の保険見直しサイト 随時人気保険ランキングを更新

 

◎『LIFULL保険相談』来店型ショップで店舗数も全国1100個所突破!

※来店型ショップは相談員が自宅に来るのではなく、あなたが店舗に来店するタイプ

 


※相談員が自宅に来られるのが嫌な場合は、来店型の「LIFULL保険相談」を利用したり、ビュッフェなどの訪問型でもファミレス、カラオケボックス等で待ち合わせたりしましょう。