catch1

 

長期入院特約

他の特約で書いた通り、平均在院日数は減少傾向です。
では、その中でどの病気が在院日数が高いでしょう?
その病気へのリスクを、あなたはどのくらい重視しますか?

 

ここ数年のデータでは、
大腿骨頸部骨折が35日・脳梗塞と脳出血が25日・膝関節症が23日です。
因みに最も最短退院だったのが、尿路結石の4日でした。

 

これを知ると、長期入院特約は付ける意味が薄いですよね。
これからも減少傾向は続くでしょうし。
ただ、先ほど書いた35日とか25日は、あくまでのその病気の標準です。
もっと長く入院している人も確実にいるからこその、この平均です。

 

さて、病気入院特約の給付は、ほぼ日数制限が有ります。
1回の入院につき60日が限度、通算で1000日が限度等です。

 

@長期入院特約は、その60日以上の入院の時に給付されます。
その単価で日数は違うのですが、一番安いものなら60日までの保障です。
病気やケガの種類は問いません。

 

Aまた、特定の7つの成人病にかかった場合にだけ、
自動的に限度が120日に延長されるプランも有ります。
がん・糖尿病・心疾患・高血圧・脳血管疾患・肝硬変・慢性腎不全です。
@A共、通算の限度はやはり1000日強といったところです。

 

あなたが、たとえ何かの病気で入院となっても、
平均在院日数を下回る自信が有るなら、長期入院特約は必要ありませんが、
あくまでも平均ですので、周りの方の入院体験談なども参考にして下さい。



 

 


保険

 

「自分に合った保険はどれなのかわからない」

「結局、どこの保険会社が一番いいの?」

と、よく聞かれますが、その場合私は一度プロに相談

乗ってもらうことをオススメします。


と言っても、各保険会社の営業マンに話を聞いてもダメです。

あなたに合っていようが、いまいが、自社の商品を勧められてしまいます。

 


そこで、私が薦めているのが、保険のビュッフェなどの

保険相談サービスの利用です。


保険相談サービスのよいところは、特定の保険会社に属していませんので、

保険


などの特徴があります。


つまり、純粋にあなた自身の立場に立って、アドバイスがしてくれるわけです。


各保険会社の営業マンの場合、あなたと利害関係が異なるので、

場合によっては、あなたに一番合う保険以外を薦められる恐れもあります。

そのせいか、今ではこうした保険相談サービスがかなり利用されるようになり、

いくつもの会社ができています。

 


実績も豊富で、無料で相談できますので、正直利用しないと損です

なお、もしアドバイザーに相談するなら、必ず複数の会社に依頼をしましょう。


「中立の人に相談に乗ってもらうなら1社で十分じゃないの?」と思うかもしれませんが、

保険のプランには世の中には数多くあり、そのアドバイザーの価値観、考え方によって、

薦められる保険が違ってくることがあります。


ある会社のアドバイザーは「A」という保険プラン、

違う会社のアドバイザーは「B」という保険プランを紹介してくることもあるわけです。


また、可能性は低いですが、そのアドバイザーが特定の保険会社と懇意している場合、

その保険会社のプランを薦めてくることもないとは言えません。

そういったリスクを踏まえて、複数の会社に依頼をすることはとても大切です。


正直、保険の相談って、結構面倒くさいので、それを何回も行うのは大変ですが、

それで、よりお得なプラン、より自分に合ったプランが見つけられるなら、全然いいと思いませんか?


保険は人生設計において、とても重要なものですので、ここは横着をするべきではないです。

 


私としては、最低でも2社、できれば3社くらいに依頼し、

相談に乗ってもらうことを薦めています。

2社だと、意見が割れたとき困りますからね。
(もし面倒でやっぱり1社だけでいいという人は、口コミ人気も高い保険のビュッフェがオススメです)

 

【人気が高い無料保険相談サービス会社】

◎『保険マンモス』 − 保険専門のFPが提案! 現在、1番人気のサービスです。(管理人推奨)

 

◎『保険市場』国内最大級の保険見直しサイト 随時人気保険ランキングを更新

 

◎『LIFULL保険相談』来店型ショップで店舗数も全国1100個所突破!

※来店型ショップは相談員が自宅に来るのではなく、あなたが店舗に来店するタイプ

 


※相談員が自宅に来られるのが嫌な場合は、来店型の「LIFULL保険相談」を利用したり、ビュッフェなどの訪問型でもファミレス、カラオケボックス等で待ち合わせたりしましょう。